So-net無料ブログ作成

Camellia [one-day trip あれこれ]

もう随分と前だけれど、椿の咲く公園に行った。

DSC07553b.jpg

椿は、床の間のお花のイメージが強くて、もともと強烈に洋モノ好きであった私は、
昔はあまり好きではなかったのだけど。。。

DSC07585b.jpg

けれども最近、日本建築の薄暗い廊下などで、ほんのり明かりに照らされて
ひっそりと一輪挿しにさされている椿にすごく惹かれたりする。
自分が歳をとったということなのか。。。

DSC07555b.jpg

椿の小道。
願わくば、少し雪が積もっていたりして欲しいけれど、
残念ながら雪がつもることは殆ど無い地域ですから。


そして、2月咲きの椿がそろそろ咲いたかなと思って、
先日もう一度行ってみたけれど、まだ1月の時の木が満開で、
2月咲きのものは蕾だった。。。
今年は少し開花が遅めみたい。いつもより寒いとは思わないけど。

DSC07823b.jpg


nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりに淡路島で。 [one-day trip あれこれ]

四国から関西に行く場合、多くの場合必ず淡路島を経由するので、
淡路島は頻繁に「通る」場所であるものの、なかなか淡路に「行く」機会はなかったのだけど、、、
今回は、淡路島に行ってきた。

紀伊水道に面する斜面に、

DSC07723b.jpg

一面の(というほど満開ではなかったけれども)、水仙。
灘黒岩水仙郷。


以前、時期はずれにここを通ったときは、人っ子一人いなかったのに、
オン・シーズンのこの週末、
渋滞・駐車場待ち・行列、、、と凄いことになっていた。
私たちは、基本的に人混みだとか列をなして何かをするだとかというのが大変苦手なので
一瞬引き返そうかと思うほど萎えたのだけど、
まあそう異常に時間がかかりそうなわけでもなかったので、入場した。


DSC07748b.jpg


この日は、少々風がきつかったけれども、
久しぶりの晴天で、さわやかな陽気の一日。
風に乗ってほのかに甘い花の香りが流れてくる。

DSC07766b.jpg


水仙って、とても清楚な印象だけれど、
花言葉は「自己愛」。「ナルシスト」の語源になった、ギリシア神話の美少年に由来するそうで。


しかし、混み合っていて、ベルトコンベアーに乗せられたみたいに、
行列になってゾロゾロする状態だったので、
あまりゆっくりできずすぐ退散してしまった。
淡路島は、大阪や神戸などの大都市に比較的近いから、
やっぱり四国と違って、観光客の数が多いらしい。。。




で、帰りに鳴門で夕焼け。
この釣りイカダの浮かぶ風景がとても好き。

DSC07779b.jpg

そして、ここには人っ子一人いなかった。。。
タグ:淡路島
nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。