So-net無料ブログ作成
京都(秋) ブログトップ
- | 次の3件

京都紅葉 2007 ② [京都(秋)]

嵐山・嵯峨野はほとんど(すべて?)徒歩でまわった。
せっかく景色も雰囲気もいいので、旅人の気分としては
ゆっくり気ままに歩きたいのだが、
忙しないタクシー(タクシー観光の客を乗せている)が
散策中の歩行者に、遠くから、どけどけとばかりに頻繁にクラクションを鳴らすのには閉口。
まあ、タクシー観光は短時間でまわれるのがメリットだろうし、
道も古くて狭いところも多いから仕方ないのかもしれないが、気分はかなり削がれる。

次に二尊院へ
DSC03362b.jpg

DSC03357b.jpg

DSC03363b.jpg

ここは参道の紅葉が一番有名らしい。
(参道の写真は人物メインなので、出さないが)

そして、また名称不明(思い出せない)の場所。
DSC03381b.jpg
平日とはいえ、さすがに紅葉の観光地京都は、どこにいっても
けっこうな人出なのだが、ここは観光客が大挙して押し寄せるような場所ではなく、
ひっそりと静かでなかなか気に入ったところ。
名前が思い出せないのが残念...

DSC03384b.jpg

ちなみに、大変下世話な話ではあるが、
京都で寺をめぐって紅葉をみると、それぞれの寺で500円前後の
拝観料が設定されているため、たくさん巡ると意外とお金がかかる。
学生時代だったりしたら、いくつか諦めたかも!?

この日の嵐山近辺はけっこう気温が低く、
ずっと外にいるとすっかり体が冷えてしまった。
昔の銭湯を改装したみたいな(壁に蛇口がついていたりする)カフェに入って
カフェオレ(カフェ・オ・レボールでサーブされる)を飲んだら、
それが感激するほど美味しくて、温まったのを覚えている。
カフェの名前はすっかり失念していたけど、
特徴からネットで調べてみたら、『嵯峨野湯』で間違いなさそう。

他にも上品系和菓子やら庶民系和菓子やら
女2人旅にはついつい引力によって引き寄せられるようなものが
この辺りには大量に存在するため、
すっかり紅葉より休憩のほうに時間を注いでしまった感がある。
タグ:京都 紅葉
nice!(1)  トラックバック(0) 

京都紅葉 2007 ① [京都(秋)]

過去の写真を整理していたら、2007年に訪れた
京都の紅葉の写真が大量にでてきた。
撮りっぱなしにしてあったので、またまたどこの寺院でとったものだか
わからなくなってしまったもの多数。
紅葉の時期は私にとって1年で最も好きな時期で、
ちょうど、これから紅葉の始まるという期待の高まる時期でもあるし、
わかる範囲で撮影場所など調べて写真を整理した。
といっても、今年は京都に紅葉を見に行く予定は全くないのだが。

行った時期は11月15日~17日と11月の中旬だったので、
紅葉はもう始まってはいるが、全盛期にはまだ少し早いのかな~という感じだった。

まず最初は嵐山方面から。
初っ端から、撮影場所が不明だが、
おそらく嵐山エリアの寺院内のライトアップ。

DSC03260b.jpg

DSC03277b.jpg

この日は、確か嵐山の『らんざん』という旅館に宿泊。
友人と2人での「女子」旅だったので、最近の夫との旅行とは違って
食事もきっちり宿でいただいて、満腹を通り越した状態になった記憶がある。
(夫との旅行だと、夕食が居酒屋になる率高し)

翌日は、やはり嵐山・嵯峨野エリアを中心に。

天龍寺の曹源池
DSC03303b.jpg

このような場所にいっておきながら、実はあまりそもそも神社仏閣自体には興味がない私なので、
その当時、説明を読んだりなど全くしていないのだが、
今調べていると、この天龍寺の開基は足利尊氏であるとのこと。
もう少し、歴史的背景などを調べてから行ったら、思いを馳せたりして感慨深いものがあるのだろう。
その当時の私は、紅葉と寺院の雰囲気がビジュアル的に自分好みであるかどうかしか
考えていなかったような...
あとはお喋りに夢中という状態。

天龍寺 庭園
DSC03308b.jpg


竹林を通り抜け...
DSC03326b.jpg

常寂光寺へ。
DSC03351b.jpg

まだ、紅葉していない緑の葉のもみじも多かったのだけど、
とにかくここは、斜面の苔の色がとても美しく、
曇天のやわらかい光のためか、苔の緑ともみじの葉の緑で
空気まで少し緑の反射をうけているような独特の雰囲気であった。

DSC03340b.jpg

常寂光寺の多宝塔
DSC03333b.jpg
タグ:京都 紅葉
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
- | 次の3件 京都(秋) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。