So-net無料ブログ作成
ウズベキスタン旅行 ブログトップ
前の3件 | -

ウズベキスタン旅行記2006 ⑤タシケント [ウズベキスタン旅行]

DSC00303b.jpg
乾燥地帯を走ってタシケントへ。

ほぼ砂漠のようなところもあれば、オアシス地帯もあり。
さらに、広大な綿花畑もあり。

DSC00309b.jpg

この時、綿の花を初めてみた。意外と繊細な、可憐なお花。
DSC00305b.jpg

実は、この時私はいつものごとく、お腹を壊してグロッキーだった。
何故、毎回こうなるのかは自分でもよくわからない。(欧米への旅行では、大丈夫)
辛いのは辛いけれど、本当に辛いのはだいたい1日程度なので、
実際にはあまり困らなく、結局また次の旅行にいくことになる。。。

タシケントは都会であり、地下鉄もあり(駅は大変豪華なつくりである)、
若い女性の服装はかなり露出度も高く、
一見、どこの国かわからない雰囲気もある。
というか、今まで通ってきた歴史的観光地に比べると、やっぱり「ソ連」っぽいのかな~。。。
ロシアに行ったことがないから、よくわからないのだけど。。。
ただ、タシケントで宿泊したホテルの作りや雰囲気は旧ソ連を感じさせるものだったし、
「レギストラーツィア」という、旧ソ連の慣習も残っていた。

しかし、ここはウズベキスタンであり、ウズベキスタンらしい建物も。
DSC00316b.jpg


ティムール広場。

DSC00320b.jpg

とにかく、タシケントの印象は、緑濃いこと。
水が、豊富なのですね。

DSC00323b.jpg


アリシェル・ナヴォイオペラ劇場。
DSC00330b.jpg
第2時世界大戦後に強制労働で連行された日本人が建てたという。


朝焼けとともに、旅の終わり。。。
DSC00335b.jpg

帰国便はほとんど日本人だったように思うが、
やはり私同様、お腹を壊した人が多かったのだろう、空港の待合でも機内でも
トイレ占拠率が高かった。。。
まあこれも、今となってはよい思い出。
できれば、こういう経験をすることで、お腹が鍛えられて欲しいのだけど。

あれから7年、ウズベキスタンは資源の豊富な国でもあるから、
経済も成長して、変わっていっているのだろうか。
また、ゆっくり自分のペースで旅行してみたい。


nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ウズベキスタン旅行記2006 ④サマルカンド(ii) [ウズベキスタン旅行]

この記事はレギスタン広場から始めようと思っていたのだけど、
撮影場所のよくわからなかった写真データを、ネットなどで調べてなんとなく場所がわかったので、
やはりそちらから。(本当はここがサマルカンドで最初に訪れた場所なのだけど)
DSC00104b.jpg
これは、どうやらビヒマニム・モスクというところらしい。

建物によってドームも、平面的なターコイズブルー一色だったり、
このドームのように、立体的な装飾がついていたりと様々。
外壁の装飾もじっくりみるときりがないほど、多様で複雑。

DSC00114b.jpg

DSC00132b.jpg

DSC00130b.jpg
手前の石の構造物は、コーランの書見台なのだとか。。



そして、サマルカンドでも最も有名な観光スポットであろう、レギスタン広場へ。
DSC00279b.jpg

ここには3つの神学校が建つ。

DSC00237b.jpg

空も内陸特有の高く澄み渡る青い空で、これまた圧巻の眺め。

DSC00240b.jpg

こちらは、シェルドル・マドラサといい、「シェルドル」とはライオンのことだそうで。
確かに表に書かれている、人の顔がついた奇妙な生き物の絵が妙に記憶に残っている。


DSC00268b.jpg

内装もなんというか、もう、凄いな~としか言葉が出ない。
DSC00257b.jpg
非常に細かい金とブルーの装飾。

DSC00262b.jpg
宗教的に何か深い意味があるのか、星のモチーフが多用されているようにみえる。


DSC00249b.jpg
そして、この日はここで制服を身につけた多くの学生達が歌か何かの練習をしていたのだけど
何をしていたのかというと、なんと数日後に当時の小泉首相の来訪のセレモニーをひかえ、
そのリハーサルをしているのだと。
近々小泉首相がウズベキスタンを訪れること自体知らなかったので、
日本語で行われていたリハーサルにとても驚いてしまった。

この広場で、大学で日本語を専攻しているという、女子大生達のグループに話しかけられた。
すごく人懐こくて自然な笑顔が素敵であった彼女ら。
中央アジアの国にも、日本に興味を持っている人がいるのだなあと思うと、
自国に対する愛国心のあまりない私でも、素直に嬉しかったなぁ。
この旅行で私達に同行してくれたガイドは若干20歳くらいの華奢で聡明なウズベク人女性であった。
飛び級で進級して、日本語を勉強し、ガイドになったのだとか。
日本には行ったことがないというのに、驚くほど流暢な日本語であった。
(こういう人に会うたび、いつまでたっても片言英語を脱却できない自分って
なんなのだろう。。。と悲しくなる。)


さて、次は、グーリ・アミール廟へ。
DSC00294b.jpg
ここはティムール一族の霊廟である。

DSC00292b.jpg

DSC00291b.jpg

墓室の壁はまた金を多用した、美しい装飾で埋め尽くされ。。。

DSC00284b.jpg

アラビア語(全く読めないので??)の装飾。
コーランの一節でしょうか。
DSC00289b.jpg


夜はライトアップされて、幻想的。

DSCF1440b.jpg


次は首都タシケントへ向かう。

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ウズベキスタン旅行記2006 ③サマルカンド(i) [ウズベキスタン旅行]

陸路、サマルカンドSamarkand へ。
DSC00099b.jpg
サマルカンド、青の都。
その名前から、その歴史文化的背景から、その気候(私は何故か乾燥地帯が好き)から、、、
私には今までに訪れたことのある数少ない世界の街の中でも、最も旅情を掻き立てられる場所であり、
とても楽しみにしていた。

まずは市場から。

DSC00158b.jpg
さすが、シルクロードの拠点都市であっただけあって、香辛料の品揃えは豊富。

DSC00179b.jpg
そして、特産品のドライフルーツ。

DSC00152b.jpg
豊富な野菜やら

DSC00174b.jpg
果物やら。

DSC00138b.jpg
派手な飾りのついたパン(?)やら。

DSC00168b.jpg
けっこうな人出である。


DSC00194b.jpg
次に訪れたのは「シャーヒ・ズィンダ廟群」。

DSC00231b.jpg
ここは数多くのイスラム建築がひとつの小さな町のように立ち並ぶ場所で、
統一された青色の装飾と、抜けるように青い空とで、圧巻の眺めである。
外国人だけでなく、国内の観光客もとても多い。

DSC00204b.jpg


DSC00221b.jpg

遠目から眺めても美しいが、
何が素晴らしいかというと、この細かい複雑な装飾。
木のドアといい、
DSC00218b.jpg

外壁といい、
DSC00223b.jpg

アーチ状の入り口といい。
DSC00222b.jpg

イスラムの教えや、歴史的建築物には疎い私だけど、本能的に惹きつけられる、
様々なブルーの組み合わせ。

DSC00227b.jpg

次はハイライトとなる、レギスターン広場へ。

nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - ウズベキスタン旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。